DuET
DuET

Dual-Beam Facility for Energy Science and Technology

MUSTER
MUSTER

Multi-Scale Testing and Evaluation Research Facility

ようこそ木村研のHPへ

 限りある資源を有効に利用するためには、エネルギーシステムの高度化・高効率化が不可欠です。エネルギーシステムの高度化・高効率化の実現にむけて、基盤技術である材料科学への期待は高く、エネルギーの高機能変換を可能にする革新的な材料開発が求められています。本研究室では、高性能・高機能な先進構造材料の開発を目指し、様々な先進実験機器やシミュレーション技術を駆使して材料の研究・開発を進めています。

 具体的には、核融合炉や次世代原子炉などに使用される材料をターゲットに研究を行っています。特に核融合炉は、水素の核融合反応を利用してエネルギーを取り出す次世代のエネルギー炉として注目されており、その実現に向けて世界各国で研究が進められています。最近では国際協力の下フランスに国際熱核融合実験炉(ITER)の建設が進められており、日本もこのITER計画に参画しています。核融合反応を起こすためには数億度という超高温のプラズマを発生させる必要があり、核融合炉に用いられる材料はその超高温プラズマに耐えられる材料でなくてはなりません。さらに、炉心プラズマから発生する中性子やイオンによって材料中の原子が弾き飛ばされ材料は段々と劣化してしまいます。このような過酷環境下で使用される材料の開発は核融合炉の実現に必要不可欠です。

 本研究室では、そのような極限環境下において使用される材料について、原子レベルの基礎研究から材料創生などの応用開発まで、幅広いスケールで研究開発を行っています。このようなチャレンジングな挑戦には、一研究室だけでなく日欧や日米の共同プロジェクトとして進められている研究もいくつかあります。本研究室の学生はこのようなプロジェクトにも参画し、世界を舞台に研究開発を進めています。「材料の研究をしたい」、「次世代のエネルギーをなんとかしたい」、「世界を舞台に研究開発を行いたい」などなど、本研究室に興味を持たれた方はまずは気軽に本研究室を訪ねてみてください。

Events/News

追いコン
19 Feb

追いコン

河北君、小林君、高山君が修士課程を、Zhang君が博士課程を卒業しました。HaさんがJAEAへ、Hangさんが北京科技大学への就職が決まりました。
忘年会
14 Dec

忘年会

忘年会をしました。
ICFRM-17
11 Oct

ICFRM-17

10/11から16までアーヘン(ドイツ)で開催された国際会議ICFRM-17に参加してきました。

研究内容

学生募集

企業の皆様へ